コロナショックに際して ~地方工務店の裏側から~

日々の仕事(…と育児)が忙しく久々のコラム更新となってしまいました。
当社ではHPをリニューアルして、「今年は頑張るぞ!」と意気込んでいた矢先、新型コロナ大流行のニュースです。

今回のコロナショックは、リーマンショックを超える経済危機になるとの言説があちらこちらで見られ始めています。
実際に日本でも各企業がテレワークに移行し、営業関係の仕事はストップ、小売関係の方々ではお店をたたむ方もおられます。

逆に医療関係のお仕事では休む暇もない激務が続いておられるようです。
そして、こんな事態に際して今まで以上に気を使いながら通常通りの業務を継続しなければいけない、福祉・介護関係の方にも頭が下がります。
我々にできることは感染拡大を防止し、他者の負担を減らすことでしょう。
当社でも、とりあえずできることとして会社としてなんとか手に入れたマスクを職人に支給し、せめてもの感染拡大防止に努めています。

 

建設業界はどうか?

やはり仕事は減っているのが現状です。

まずゼネコン元請の大きな工事などは、すでに着工していたものはまだ現場が動いていることが多い(大手ゼネコン数社ではすでに着工中の現場をも止めるという対策をとっている会社もあります)のですが、今後着工予定だったものは発注者との協議の上着工延期が決まっている現場が多くなっています。

ハウスメーカー各社でも、新築着工が少なくなっていますので、今後の流行如何によってはどうなるかと、施工業者は頭を抱えています。

 

私たちのような地元の工務店はどうか?

新型コロナ流行の初期、中国製造の設備機器関連が入ってこないことから、仕事ができないという話もありましたが、現在では地元工務店で扱う程度の小ロットの設備機器などは確保できる状況となっています。

しかし、やはり連日のコロナショック経済危機という報道で、やはりお客様が「こんな時にリフォームなんて」と工事を控えるという心理から、やはり仕事は減っています。

私も逆の立場であればそう思うかもしれません。

全国の工務店が同様の悩みを抱えていると思います。

 

 

当社では、おかげ様でこのような状況下でも家の修理や小規模なリフォームについてのお仕事をいただいております。

しかし、平時のように「終わったら次の現場!」という程に忙しい訳でもないので、勝手に作業がゆっくり丁寧になっています。

仕事をしながら感じたのが「工事内容としては逆に今の方がいいのかなぁ」という点。

リフォーム施工中はお客様と同じ部屋で一緒に過ごすことはほとんどないですし、多くの場合、作業内容的に風通しが良く(だから冬寒く夏暑い仕事なのですが)、また施工にあたるのも1名か多くて2名の大工です。

さらに、前述したとおり忙しい訳でもないので、職人として気の済むまで丁寧に仕事ができる(かといって普段適当なわけではありませんよ(;’’))。

ということで、小規模なリフォームや床、壁・外壁の張り替え、修繕、土間打ちなどの工事であれば対応可能ですのでぜひご相談ください。

またしても長文で、さらには結局宣伝のようになってしまいましたが(;^_^A

お客様あっての工務店です。皆様の健康を第一にお祈りしております。